ドクターエア3DスーパーブレードS振動マシンの効果・口コミ・使い方

ぶるぶる振動マシンで簡単ダイエットしたい方におススメなのが「ドクターエア 3DスーパーブレードS」です。こちらのマシンは楽天のダイエット部門で堂々1位を守備するなど、通販サイトで人気です。

ドクターエア3DスーパーブレードS振動マシン「楽天」

「3DスーパーブレードS」振動マシンの特長について

3DスーパーブレードSの最大の特長は、ブルブルと細かな振動が身体の余分な部分にアプローチします。

こちら↑の動画は公式サイトで!

ボードの上でバランスを取ることで太ももやお腹などの大きな筋肉を中心に全身の筋肉を刺激し使うため、ジョギングやジムに通うことなく自宅で簡単・手軽にスタイルアップ運動ができます。代謝アップにも効果的!?

ズレ落ちにくいのもポイント!
ボードの側面が上向きカーブ型なので、激しい振動でも足元をしっかりキープ!

3DスーパーブレードSの楽しく続けられる秘訣とは?

Point1
エイベックス監修!ディスコミュージック3曲を収録したUSB付き

好きな音楽データ(MP3)を入れたUSBを本体に差し込むことで、音楽を再生することができます。さらに、音楽同期ボタンを押すと、お気に入りの音楽で自分だけのエクササイズが楽しめます♪

Point2
ハードなエクササイズにも対応

付属のエクササイズ用バンドを付ければ、筋肉に負荷をかける筋トレも同時にできます!二の腕に効く!!

Point3
リストバンド型リモコン付き

電源のON/OFF、音量や振動速度調節など、降りずに操作が可能です。

マニュアルモードとは?
マニュアルモードでは、タイマーの長さや振動スピードをカスタマイズ。タイマー5分間隔で最短5分~最長30分まで、振動スピードは1~30段階まで自由に調整できます。ヒザや腰に負担をかけたくない方でも、無理なくエクササイズを楽しむことができます。

オートモードとは?

振動スピードが変化する3つのオートモード「WALK(ウォーキング)・JOG(ジョギング)・RUN(ランニング)」を用意。自動的に電源が切れるので、テレビをみながらの「ながらエクササイズ」にもオススメです!

色はピンクとブラックの2色

ポーズを変えて…気になるところを集中エクササイズ!


エクササイズバンドを使用し、両腕を広げながら腕を上下します。


上体をひねり、そのままの姿勢をしばらくキープ。反対側のヒップにもよく効きます!


エクササイズバンドを使用し、バンドを握りながら胸の前までゆっくりと引っ張ります。


片足を乗せ、体重をかけながらバランスをとります。足腰に効き、体幹のバランスを整えます。


ボードに座り、両手をまっすぐ上へ伸ばします。体幹側部と前部によく効きます。


床に座り図のように両足を乗せます。脚全体を振動させることで、夕方のパンパン脚の予防に!


ボード上にひじを置き、腕立てのような姿勢をキープします。背中や腰周りを意識し、背筋をシャキッと伸ばしてみましょう。

「ドクターエア3DスーパーブレードS」購入者の口コミ&効果

使用中お腹を触ると腹筋が固くなっているので効いてそうです。体重の変化はあまりありませんが、体が引き締まってきて今履いているデニムがだいぶゆるくなっています。太ももやヒップが細くなったのは確実。とはいえ体脂肪率は変わらず。上半身ダイエットにはまだまだ体勢アレンジが必要だと思うので、1ヶ月チャレンジしてみます。

音や振動は思っていたより静かです。洗濯機の脱水をしている時の音くらいだと思います。使用し数日経つと太もものあたりが引き締まった感じがしました。

効き目はありそうですが、まだ効果は出ていません。効果が出るのを期待しつつ頑張ってみます。

半信半疑で購入しましたが痩せます。ただ食事の摂取量を考えないと痩せません。

毎日外で運動できないので購入しました。まだエクササイズの仕方が分かりませんが継続できそうです。

冷え性におすすめ。やっぱり血行が良くなります。

1回15分乗るだけなのに汗ばむほど刺激してくれます。痩せることを願って続けてみようと思います。

母がジムが続かないからと購入。絶対に効果ないからと最初は猛反対でしたが予想を裏切る結果に。買って大正解でした!

家族みんなで暇さえあれば乗っています。予想していたよりも音は静かです。

他の口コミ・レビュー情報はこちら「楽天」

同時購入で選べる延長保証とは?

通常、メーカー保証は1年ですが、こちらの商品は任意で保証を延長することができます。もちろんタダではありませんが、3年or5年延長保証の同時購入が可能です。

●3年保証の内訳
メーカー保証1年+延長保証2年

●5年保証の内訳
メーカー保証1年+延長保証4年

楽天で購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする